MySQLニュース

MySQL Community Server 5.7.16がリリースされました

オリジナル版:http://lists.mysql.com/announce/1118

2016年10月12日に、MySQL 5.7.16がリリースされました。同製品は、General Availability(GA版)となります。

Changes in MySQL 5.7.16 (主な変更点)

       Security Notes(セキュリティ関連)

         * Incompatible Change: For STANDALONE and WIN builds, the
           default secure_file_priv value has changed from the empty
           string to NULL. This is a secure-by-default setting
           because it disables import and export operations. To
           permit those operations, set secure_file_priv to the path
           name of the directory to use for those operations. (Bug
           #24679907, Bug #24695274, Bug #24707666)
           
           非互換性の変更:
           STANDALONEとWINのビルドにて、secure_file_privのデフォルト値が空の文字列から
           NULLに変更になりました。
           これは、インポートやエクスポートの操作を無効にするため、デフォルトセキュアとなります。
           これらの操作を許可するためには、secure-by-defaultを操作に使う
           ディレクトリのパス名に設定する必要があります。(#24679907, #24695274, #24707666)

         * The linked OpenSSL library for the MySQL Commercial
           Server has been updated to version 1.0.1u. For a
           description of issues fixed in this version, see

http://www.openssl.org/news/vulnerabilities.html.

           This change does not affect the Oracle-produced MySQL
           Community build of MySQL Server, which uses the yaSSL
           library instead. (Bug #24753389)
           
           MySQL Commercial Serverのlinked OpenSSLライブラリはバージョン1.0.1uに
           アップデートされました。
           修正された問題点は下記をご確認ください。

http://www.openssl.org/news/vulnerabilities.html.

           この変更は、代わりにyaSSLライブラリを使用する、
           Oracleが出したMySQLサーバのCommunityビルドには影響しません。


       Functionality Added or Changed(機能の追加、変更)

         * yaSSL was upgraded to version 2.4.2. This upgrade
           corrects issues with: Potential AES side channel leaks;
           DSA padding for unusual sizes; the
           SSL_CTX_load_verify_locations() OpenSSL compatibility
           function failing to handle long path directory names.
           (Bug #24512715, Bug #24740291)
           
           yaSSLはバージョン2.4.2にアップグレードされました。
           このアップグレードは、Potential AESサイドチャンネルの漏えいや
           異常なサイズのDSAパディングという問題を修正します。
           また、OpenSSL互換機能であるthe SSL_CTX_load_verify_locations()が、
           長いパスのディレクトリ名を操作するのに失敗していた問題を修正しました。
           (#24512715, #24740291)


上記以外にも、さまざまな変更やバグ修正が行われています。それらを全て確認する場合は、下記リリースノートを参照して下さい。
http://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/5.7/en/news-5-7-16.html

 

MySQL5.7は、世界的に注目されているオープンソースデータベース「MySQL」の最新の開発バージョンです。MySQL5.6の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。

   - パフォーマンスやスケーラビリティの向上
   - JSON形式のサポート
   - マルチソースレプリケーションの実装
   - SYSスキーマの導入
   - セキュリティの向上
   - InnoDBにおけるGIS(位置データ)の対応

MySQL5.7には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
http://mysqlserverteam.com/whats-new-in-mysql-5-7-generally-available/

新たなサーバにMySQL5.7をインストール、または利用中のMySQLからMySQL5.7にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
http://dev.mysql.com/doc/refman/5.7/en/installing.html

下記のダウンロードページから、MySQLのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
http://dev.mysql.com/downloads/mysql/

その他、ご不明な点がございましたら、以下の公式リファレンスマニュアルをご利用いただけます。
http://dev.mysql.com/doc/refman/5.7/en/

以上

MySQLや関連ソリューションに関するお問い合わせ、お見積などがございましたら、ご連絡ください。

お問い合わせ各MySQL保守サービス見積依頼スマートスタイルOSSストア

ページトップへ