MySQLニュース

MySQL Community Server 5.7.11がリリースされました

オリジナル版:http://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/5.7/en/news-5-7-11.html

2016年2月7日に、MySQL 5.7.11がリリースされました。同製品は、General Availability(GA版)となります。

公式ブログでのアナウンスはこちら:http://mysqlserverteam.com/whats-new-in-mysql-5-7-generally-available/

Changes in MySQL 5.7.11(主な変更点)

Installation Notes(インストール関連)

* Previously, mysqld --initialize required the data directory to not exist or, if it existed, to be empty. Now an existing data directory is permitted to be nonempty if every entry either has a name that begins with a period (.) or is named using an --ignore-db-dir option. (Bug #79250, Bug #22213873)

mysqld --initialize を実行する際にはデータディレクトリが空になっている必要がありましたが、ピリオド(.)で始まるディレクトリ、あるいは --ignore-db-dir オプションで指定したディレクトリは存在していてもエラーにならなくなりました(Bug #79250, Bug #22213873の修正)

Security Notes(セキュリティ関連)

* The default value of the default_password_lifetime system variable that controls the global password expiration policy has been changed from 360 (360 days) to 0 (no password expiration). The default of 360 sometimes took people by surprise when account passwords expired a year after upgrading to MySQL 5.7. To continue to use a value other than 0 as the password expiration, start the server with an explicit setting for default_password_lifetime. For example, use these lines in an option file: 
[mysqld]
default_password_lifetime=360
(Bug #77277, Bug #21284761)

ユーザパスワードの有効期限を操作するdefault_password_lifetimeの値が、360(360日)から0(無期限)に変更されました。パスワードの有効期限を設定したい場合は、設定ファイルにパスワードの有効日数を指定してサーバを起動してください。
[mysqld]
default_password_lifetime=360
(Bug #77277, Bug #21284761)

Functionality Added or Changed(機能の追加、変更)

* InnoDB: A new InnoDB configuration option, innodb_tmpdir, allows you to configure a separate temporary file directory for online ALTER TABLE operations. This option was introduced to help avoid tmpdir overflows that could occur as a result of large temporary files created during online ALTER TABLE operations. innodb_tmpdir is a SESSION variable and can be configured dynamically using a SET statement. (Bug #19183565)

innodb_tmpdirという新しいオプションは、オンラインDDL時に使用する一時テーブルファイルを作成するディレクトリを個別に指定することができます。これにより、オンラインDDL時に一時テーブルがオーバフローしてしまうことを防ぐことができます。このオプションはセッション変数かつ動的システム変数なので、SET文を用いて値を変更することができます(Bug #19183565)。

Bugs Fixed(バグ修正)

* InnoDB; Partitioning: When OPTIMIZE TABLE rebuilt a partitioned InnoDB table, it placed the resulting partition tablespace files (*.ibd files) in the default data directory instead of the directory specified using the DATA DIRECTORY option. (Bug #75112, Bug #20160327)

OPTIMIZE TABLE文を使用してInnoDBテーブルをパーティショニングするとき、DATA DIRECTORY オプションの値ではなく、デフォルトのデータディレクトリのテーブルスペースファイル(*.ibdファイル)を見に行ってしまうバグを修正(Bug #75112, Bug #20160327)

* InnoDB: InnoDB failed to update index statistics when adding or dropping a virtual column. (Bug #22469660, Bug #79775)

InnoDBテーブルでバーチャルカラムを追加あるいは削除する際に、インデックス統計の更新に失敗するバグを修正(Bug #22469660, Bug #79775)


上記以外にも、さまざまな変更やバグ修正が行われています。それらを全て確認する場合は、下記リリースノートを参照して下さい。
http://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/5.7/en/news-5-7-11.html

 

MySQL5.7は、世界的に注目されているオープンソースデータベース「MySQL」の最新の開発バージョンです。MySQL5.6の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。

・パフォーマンスやスケーラビリティの向上(MySQL5.6の3倍の速度に)
・JSON形式のサポート
・マルチソースレプリケーションの実装
・SYSスキーマの導入
・セキュリティの向上
・InnoDBにおけるGIS(位置データ)の対応

MySQL5.7には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
http://mysqlserverteam.com/whats-new-in-mysql-5-7-generally-available/

新たなサーバにMySQL5.7をインストール、または利用中のMySQLからMySQL5.7にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
http://dev.mysql.com/doc/refman/5.7/en/installing.html

下記のダウンロードページから、MySQLのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
http://dev.mysql.com/downloads/mysql/

その他、ご不明な点がございましたら、以下の公式リファレンスマニュアルをご利用いただけます。
http://dev.mysql.com/doc/refman/5.7/en/

以上

MySQLや関連ソリューションに関するお問い合わせ、お見積などがございましたら、ご連絡ください。

お問い合わせ各MySQL保守サービス見積依頼スマートスタイルOSSストア

ページトップへ