MySQLニュース

MySQL Community Server 5.6.37がリリースされました

オリジナル版:https://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/5.6/en/news-5-6-37.html

2017年7月17日に、MySQL Community Server 5.6.37がリリースされました。同製品は、General Availability(GA版)となります。

Changes in MySQL 5.6.37(主な変更点)

Packaging Notes(パッケージ関連)

 * mysqladmin was added to Docker/Minimal packages because it is needed by InnoDB Cluster. 
   (Bug #25998285)

   InnoDB Clusterで必要となるため、Docker/Minimalパッケージに mysqladmin が追加されました。


Security Notes(セキュリティ関連)

 * Security Fix: The linked OpenSSL library for the MySQL Commercial Server has been updated
   to version 1.0.2l. Issues fixed in the new OpenSSL version are described at 

http://www.openssl.org/news/vulnerabilities.html.

   This change does not affect the Oracle-produced MySQL Community build of MySQL Server, 
   which uses the yaSSL library instead. (Bug #26160962)
       
   MySQL Commercial ServerがリンクするOpenSSLのライブラリが、1.0.2lになりました。問題の
   修正内容については、URLを参照ください。
       
   この変更は、Oracle社が提供するMySQL Community Serverには影響がありません。
   それは、OpenSSLのライブラリの代わりに、yaSSLのライブラリを使用しているからです。


Platform-Specific Notes(特定のプラットフォーム関連)

 * Linux: The generic Linux build for MySQL 5.6 is now built on Oracle Linux 6 using glibc 2.12. 
   Systems that use the build need to have glibc 2.12 or later installed on them. (Bug #26005558)

   MySQL 5.6の「The generic Linux」ビルド版が、glibc 2.12を使用したOracle Linux 6でビルド
   されたものになりました。そのため、ユーザが利用するLinuxでもglibc 2.12以降が必要となります。


Functionality Added or Changed(機能の追加・変更)

 * For Windows, MSI installer packages now include a check for the required Visual Studio 
   redistributable package, and produce a message asking the user to install it if it is missing.
   (Bug #25658832)
       
   Windows向けのMSIインストーラに、必要となるVisual Studio再利用パッケージをチェックする
   機能が追加されました。もし、インストールされていない場合は、その旨のメッセージが出力されます。

 * The mysql client now supports a --binary-as-hex option that causes display of binary data 
   using hexadecimal notation (0xvalue). Thanks to Dani?l van Eeden for the patch. 
   (Bug #25340722, Bug #84391)

   mysqlクライアントに--binary-as-hexオプションが追加されました。このオプションを有効にすると、
   十六進記数法でバイナリデータを表示してくれます。

 * mysqlaccess now looks for its configuration file only in the SYSCONFDIR directory and /etc. 
   (Bug #25043674)

   mysqlaccessの設定ファイルは、SYSCONFDIR ディレクトリか、/etc にのみ配置できるようになります。


 Bugs Fixed(バグ修正)

 * InnoDB: The server allocated memory unnecessarily for an operation that rebuilt the table. 
   (Bug #25573565, Bug #85043)
       
  【InnoDB関連】テーブルの再構築時に不必要なメモリを割り当ててしまうバグを修正しました。
  

 * InnoDB: When using an index merge optimizer switch, a SELECT COUNT(*) operation sometimes 
   returned 0. Partitioning code incorrectly performed a memcpy instead of a column copy of 
   columns read by the index, causing the wrong records to be copied. (Bug #25332330, Bug #81031)
       
   【InnoDB関連】オプティマイザスイッチに含まれる「index merge」が有効な場合に、SELECT COUNT(*)文
   が"0"を返すことがありました。Paritioningのコードが、インデックスが読み込んだカラムをコピーする
   代わりに不正な memcpy を実行してしまうようになっており、その結果誤ったレコードがコピーされる
   ことが原因でした。

 * Replication: A USE statement that followed a SET GTID_NEXT statement sometimes had no effect. 
   (Bug #26128931)
       
   【Replication関連】SET GTID_NEXT文の実行後に、USE文を実行すると何も起こらないことがある不具合
   を修正しました。

 * Replication: If a relay log index file named relay log files that did not exist, RESET SLAVE ALL
   sometimes did not fully clean up properly. (Bug #24901077)
       
   【Replication関連】SET GTID_NEXT文の実行後に、USE文を実行すると何も起こらないことがある不具合
   を修正しました。

 * Replication: If a relay log index file named relay log files that did not exist, RESET SLAVE ALL 
   sometimes did not fully clean up properly. (Bug #24901077)
       
   リレーログのインデックスファイルが存在しないリレーログ名を指していた場合、RESET SLAVE ALL文に
   よるクリーンアップ処理が不完全になる不具合を修正しました。

 * mysqldump could write database names in USE statements incorrectly. (Bug #25998635)
       
   mysqldumpコマンドがUSE文にデータベース名を適切に出力できない不具合を修正しました。

 * Queries could be cached incorrectly, leading to incorrect query results, under these circumstances:
   InnoDB table; rows are being inserted but have not yet been committed; a query uses the table as 
   a base table in a derived table; the optimizer chooses to materialize the derived table. 
   (Bug #25943038, Bug #86047)
      
   InnoDBにおいて下記の状況下では、クエリが正しくキャッシュされず不正な結果を返すことがありました:
     ・レコードがINSERTされたが未コミット
     ・derived tableを使用している
     ・オプティマイザが materialize を選択している

 * A race condition could occur for CREATE TABLE statements with DATA DIRECTORY or INDEX DIRECTORY 
   clauses. (Bug #25451091)
       
   DATA DIRECTORY句 か INDEX DIRECTORY句を付けてCREATE TABLE文を実行した時に競合エラーが発生する
   可能性がありました。

 * With read_only enabled, creation of non-TEMPORARY tables by non-SUPER users was permitted under 
   certain conditions. (Bug #25250768)
       
   read_onlyが有効になっている環境でも、SUPER権限のないユーザが特定の条件下でテーブルの作成が
   できてしまう不具合を修正しました。


上記以外にも、さまざまな変更やバグ修正が行われています。
それらを全て確認する場合は、下記リリースノートを参照して下さい。

http://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/5.6/en/news-5.6.37.html

 

MySQL5.6は、世界的に注目されているオープンソースデータベース「MySQL」の1つ前の開発バージョンです(最新はMySQL5.7となります)。MySQL5.5の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。

・セキュリティ機能の向上(mysql_config_editorの実装、SHA-256のサポート)
・InnoDB、オプティマイザ、レプリケーション、パーティショニングの性能向上 
・GTID(Global Transaction ID)の実装 
・Performance_schemaの機能強化 
・オンラインDDLの実装

MySQL5.6には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/en/mysql-nutshell.html

新たなサーバにMySQL5.6をインストール、または利用中のMySQLからMySQL5.6にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/en/installing.html

下記のダウンロードページから、MySQLのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
http://dev.mysql.com/downloads/mysql/

その他、ご不明な点がございましたら、以下の公式リファレンスマニュアルをご利用いただけます。
http://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/en/

以上

MySQLや関連ソリューションに関するお問い合わせ、お見積などがございましたら、ご連絡ください。

お問い合わせ各MySQL保守サービス見積依頼スマートスタイルOSSストア

ページトップへ