MySQLニュース

MySQL Community Server 5.5.45がリリースされました

オリジナル版:http://lists.mysql.com/announce/1010

MySQL Community Server 5.5.45は世界でもっともポピュラーなオープンソースデータベースの5.5のプロダクトリリースの新しいバージョンです。MySQL 5.5.45はプロダクションシステムでの使用をお勧めします。

MySQL 5.5は最新のマルチCPUやマルチコアハードウェアやオペレーティングシステムの利点を生かし、MySQLデータベースのパフォーマンスとスケーラビリ ティを改善するための影響の大きい変更をいくつか含んでいます。現在ではInnoDBがMySQLデータベースのデフォルトのストレージエンジンであり、 ACIDトランザクション、参照整合性、クラッシュリカバリをデフォルトで提供しています。

MySQL 5.5は以下の多くの新しい強化も含んでいます:

   - Windowsにおける特有の機能と改善を利用した著しいパフォーマンス向上
   - 新しい準同期レプリケーションとレプリケーションハートビートによるより高いレベルの可用性
   - 改善されたインデックスとテーブルパーティショニング、SIGNAL/RESIGNALサポート、そして新しいPERFORMANCE_SCHEMAに含まれる強化された診断法による改善されたユーザビリティ

MySQL 5.5の新機能のより完全な概観については、以下のリソースを参照下さい。

MySQL 5.5 GA、Tomas Ulinのインタビュー:

http://dev.mysql.com/tech-resources/interviews/thomas-ulin-mysql-55.html

ドキュメント:

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/mysql-nutshell.html

ホワイトペーパー: MySQL 5.5の新機能

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/mysql-nutshell.html

製 品レベルのシステムでMySQLを稼動させているならば、MySQL製品、バックアップ、モニタリング、モデリング、開発、管理ツールの包括的なセット を含むMySQLパフォーマンス、セキュリティ、アップタイムの高いレベルを実現するMySQL Enterprise Editionの製品詳細に注目してください。

http://mysql.com/products/enterprise/

新しいサーバへMySQL 5.5.45をインストールする情報として、以下のMySQLのインストールドキュメントを参照してください。

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/installing.html

前回のMySQLリリースからアップグレードするには、以下のアップグレードについての注意事項を参照してください。

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/upgrading-from-previous-series.html

MySQL 5.5.45は、http://dev.mysql.com/downloads/とミラーサイトのダウンロード・ページから、ソースコード及び多くのプラットフォームのためのバイナリで現在利用可能です。

次の節では、MySQL 5.5の以前のバージョンからのMySQLソースコードの変更を記載しています。これはオンラインでも閲覧できます。
http://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/5.5/en/news-5-5-45.html

    Changes in MySQL 5.5.45 (2015-07-24)


     * Security Notes

     * Bugs Fixed

   Security Notes

     * Security Fix: Due to the LogJam issue
       (https://weakdh.org/), OpenSSL has changed the
       Diffie-Hellman key length parameters for openssl-1.0.1n
       and up. OpenSSL has provided a detailed explanation at
       http://openssl.org/news/secadv_20150611.txt. To adopt
       this change in MySQL, the key length used in
       vio/viosslfactories.c for creating Diffie-Hellman keys
       has been increased from 512 to 2,048 bits. (Bug #77275,
       Bug #21221862, Bug #18367167, Bug #21307471, Bug
       #21449838)

   Bugs Fixed

     * InnoDB: On Unix-like platforms,
       os_file_create_simple_no_error_handling_func and
       os_file_create_func opened files in different modes when
       innodb_flush_method was set to O_DIRECT. (Bug #21113036,
       Bug #76627)

     * InnoDB: An assertion was raised when InnoDB attempted to
       dereference a NULL foreign key object. (Bug #20762798)

     * InnoDB: An index record was not found on rollback due to
       inconsistencies in the purge_node_t structure. (Bug
       #19138298, Bug #70214, Bug #21126772, Bug #21065746)

     * The Spencer regex library used for the REGEXP operator
       could be subject to heap overflow in some circumstances.
       (Bug #20642505)

     * A buffer-overflow error could occur for mysqlslap during
       option parsing. (Bug #20605441)

     * GROUP BY or ORDER BY on a CHAR(0) NOT NULL column could
       lead to a server exit. (Bug #19660891)

     * mysql-systemd-start failed if datadir was set in
       /etc/my.cnf. (Bug #77357, Bug #21262883)

On behalf of Oracle MySQL Release Engineering Team,
Murthy Narkedimilli

MySQLや関連ソリューションに関するお問い合わせ、お見積などがございましたら、ご連絡ください。

お問い合わせ各MySQL保守サービス見積依頼スマートスタイルOSSストア

ページトップへ