MySQLニュース

MySQL Community Server 5.5.44がリリースされました

オリジナル版:http://lists.mysql.com/announce/996

MySQL Community Server 5.5.44は世界でもっともポピュラーなオープンソースデータベースの5.5のプロダクトリリースの新しいバージョンです。MySQL 5.5.44はプロダクションシステムでの使用をお勧めします。

MySQL 5.5は最新のマルチCPUやマルチコアハードウェアやオペレーティングシステムの利点を生かし、MySQLデータベースのパフォーマンスとスケーラビリ ティを改善するための影響の大きい変更をいくつか含んでいます。現在ではInnoDBがMySQLデータベースのデフォルトのストレージエンジンであり、 ACIDトランザクション、参照整合性、クラッシュリカバリをデフォルトで提供しています。

MySQL 5.5は以下の多くの新しい強化も含んでいます:

   - Windowsにおける特有の機能と改善を利用した著しいパフォーマンス向上
   - 新しい準同期レプリケーションとレプリケーションハートビートによるより高いレベルの可用性
   - 改善されたインデックスとテーブルパーティショニング、SIGNAL/RESIGNALサポート、そして新しいPERFORMANCE_SCHEMAに含まれる強化された診断法による改善されたユーザビリティ

MySQL 5.5の新機能のより完全な概観については、以下のリソースを参照下さい。

MySQL 5.5 GA、Tomas Ulinのインタビュー:

http://dev.mysql.com/tech-resources/interviews/thomas-ulin-mysql-55.html

ドキュメント:

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/mysql-nutshell.html

ホワイトペーパー: MySQL 5.5の新機能

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/mysql-nutshell.html

製 品レベルのシステムでMySQLを稼動させているならば、MySQL製品、バックアップ、モニタリング、モデリング、開発、管理ツールの包括的なセット を含むMySQLパフォーマンス、セキュリティ、アップタイムの高いレベルを実現するMySQL Enterprise Editionの製品詳細に注目してください。

http://mysql.com/products/enterprise/

新しいサーバへMySQL 5.5.44をインストールする情報として、以下のMySQLのインストールドキュメントを参照してください。

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/installing.html

前回のMySQLリリースからアップグレードするには、以下のアップグレードについての注意事項を参照してください。

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/upgrading-from-previous-series.html

MySQL 5.5.44は、http://dev.mysql.com/downloads/とミラーサイトのダウンロード・ページから、ソースコード及び多くのプラットフォームのためのバイナリで現在利用可能です。

次の節では、MySQL 5.5の以前のバージョンからのMySQLソースコードの変更を記載しています。これはオンラインでも閲覧できます。
http://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/5.5/en/news-5-5-44.html

    Changes in MySQL 5.5.44 (2015-05-29)

    Bugs Fixed

      * InnoDB; Partitioning: The CREATE_TIME column of the
        INFORMATION_SCHEMA.TABLES table now shows the correct table
        creation time for partitioned InnoDB tables. The CREATE_TIME
        column of the INFORMATION_SCHEMA.PARTITIONS table now shows the
        correct partition creation time for a partition of partitioned
        InnoDB tables.  The UPDATE_TIME column of the
        INFORMATION_SCHEMA.TABLES table now shows when a partitioned
        InnoDB table was last updated by an INSERT, DELETE, or UPDATE.
        The UPDATE_TIME column of the INFORMATION_SCHEMA.PARTITIONS table
        now shows when a partition of a partitioned InnoDB table was last
        updated.  The CREATE_TIME column of the INFORMATION_SCHEMA.TABLES
        table now shows the correct table creation time for partitioned
        InnoDB tables. The CREATE_TIME column of the
        INFORMATION_SCHEMA.PARTITIONS table now shows the correct
        partition creation time for a partition of partitioned InnoDB
        tables. (Bug #69990, Bug #17299181)

      * InnoDB: An assertion was raised on shutdown due to XA
        PREPARE transactions holding explicit locks. (Bug #20816223)

      * InnoDB: Removal of a foreign key object from the data
        dictionary cache during error handling caused the server to exit.
        (Bug #20442523)

      * InnoDB: SHOW ENGINE INNODB STATUS output showed negative
        reservation and signal count values due to a counter overflow
        error. (Bug #20417397)

      * InnoDB: Estimates that were too low for the size of merge
        chunks in the result sorting algorithm caused a server exit. (Bug
        #20049521)

      * SHOW VARIABLES mutexes were being locked twice, resulting
        in a server exit. (Bug #20788853)

      * A Provides rule in RPM .spec files misspelled
        "mysql-embedded" as "mysql-emdedded". (Bug #20734434)

      * Under certain conditions, the libedit command-line
        library could write outside an array boundary and cause a client
        program crash. (Bug #20318154)

      * Host value matching for the grant tables could fail to
        use the most specific of values that contained wildcard
        characters. (Bug #20181776)

      * A user with a name of event_scheduler could view the
        Event Scheduler process list without the PROCESS privilege. (Bug
        #20007583, Bug #20754369)

      * SHOW GRANTS after connecting using a proxy user could
        display the password hash of the proxied user. (Bug #19817663)

      * For a prepared statement with an ORDER BY that refers by
        column number to a GROUP_CONCAT() expression that has an outer
        reference, repeated statement execution could cause a server
        exit. (Bug #19814337)

      * Loading corrupt spatial data into a MyISAM table could
        cause the server to exit during index building. (Bug #19573096)

      * Certain queries for the INFORMATION_SCHEMA TABLES and
        COLUMNS tables could lead to excessive memory use when there were
        large numbers of empty InnoDB tables. (Bug #72322, Bug #18592390)

      * MySQL failed to compile using OpenSSL 0.9.8e. (Bug
        #68999, Bug #16861371)


On behalf of Oracle/MySQL RE Team
Balasubramanian Kandasamy


MySQLや関連ソリューションに関するお問い合わせ、お見積などがございましたら、ご連絡ください。

お問い合わせ各MySQL保守サービス見積依頼スマートスタイルOSSストア

ページトップへ