MySQLニュース

MySQL Community Server 5.5.43 がリリースされました

オリジナル版:http://lists.mysql.com/announce/996

MySQL Community Server 5.5.43は世界でもっともポピュラーなオープンソースデータベースの5.5のプロダクトリリースの新しいバージョンです。MySQL 5.5.43はプロダクションシステムでの使用をお勧めします。

MySQL 5.5は最新のマルチCPUやマルチコアハードウェアやオペレーティングシステムの利点を生かし、MySQLデータベースのパフォーマンスとスケーラビリ ティを改善するための影響の大きい変更をいくつか含んでいます。現在ではInnoDBがMySQLデータベースのデフォルトのストレージエンジンであり、 ACIDトランザクション、参照整合性、クラッシュリカバリをデフォルトで提供しています。

MySQL 5.5は以下の多くの新しい強化も含んでいます:

   - Windowsにおける特有の機能と改善を利用した著しいパフォーマンス向上
   - 新しい準同期レプリケーションとレプリケーションハートビートによるより高いレベルの可用性
   - 改善されたインデックスとテーブルパーティショニング、SIGNAL/RESIGNALサポート、そして新しいPERFORMANCE_SCHEMAに含まれる強化された診断法による改善されたユーザビリティ

MySQL 5.5の新機能のより完全な概観については、以下のリソースを参照下さい。

MySQL 5.5 GA、Tomas Ulinのインタビュー:

http://dev.mysql.com/tech-resources/interviews/thomas-ulin-mysql-55.html

ドキュメント:

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/mysql-nutshell.html

ホワイトペーパー: MySQL 5.5の新機能

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/mysql-nutshell.html

製 品レベルのシステムでMySQLを稼動させているならば、MySQL製品、バックアップ、モニタリング、モデリング、開発、管理ツールの包括的なセット を含むMySQLパフォーマンス、セキュリティ、アップタイムの高いレベルを実現するMySQL Enterprise Editionの製品詳細に注目してください。

http://mysql.com/products/enterprise/

新しいサーバへMySQL 5.5.43をインストールする情報として、以下のMySQLのインストールドキュメントを参照してください。

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/installing.html

前回のMySQLリリースからアップグレードするには、以下のアップグレードについての注意事項を参照してください。

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/upgrading-from-previous-series.html

MySQL 5.5.43は、http://dev.mysql.com/downloads/とミラーサイトのダウンロード・ページから、ソースコード及び多くのプラットフォームのためのバイナリで現在利用可能です。

次の節では、MySQL 5.5の以前のバージョンからのMySQLソースコードの変更を記載しています。これはオンラインでも閲覧できます。
http://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/5.5/en/news-5-5-43.html

    Changes in MySQL 5.5.43 (2015-04-06)

    Functionality Added or Changed

      * CMake support was updated to handle CMake version 3.1.
        (Bug #20344207)

      * The server now includes its version number when it writes
        the initial "starting" message to the error log, to make
        it easier to tell which server instance error log output
        applies to. This value is the same as that available from
        the version system variable. (Bug #74917, Bug #20052694)

    Bugs Fixed

      * Replication: When using a slave configured to use a
        special character set such as UTF-16, UTF-32, or UCS-2,
        the receiver (I/O) thread failed to connect. The fix
        ensures that in such a situation, if a slave's character
        set is not supported then default to using the latin1
        character set. (Bug #19855907)

      * Ordering by a GROUP_CONCAT() result could cause a server
        exit. (Bug #19880368, Bug #20730220)

      * A malformed mysql.proc table row could result in a server
        exit for DROP DATABASE of the database associated with
        the proc row. (Bug #19875331)

      * For a prepared statement with an ORDER BY that refers by
        column number to a GROUP_CONCAT() expression that has an
        outer reference, repeated statement execution could cause
        a server exit. (Bug #19814337)

      * Large values of the transaction_prealloc_size system
        variable could cause the server to allocate excessive
        amounts of memory. The maximum value has been adjusted
        down to 128K. A similar change was made for
        transaction_alloc_block_size. Transactions can still
        allocate more than 128K if necessary; this change reduces
        the amount that can be preallocated, as well as the
        maximum size of the incremental allocation blocks. (Bug
        #19770858, Bug #20730053)

      * A server exit could occur for queries that compared two
        rows using the <=> operator and the rows belonged to
        different character sets. (Bug #19699237, Bug #20730155)

      * Certain InnoDB errors caused stored function and trigger
        condition handlers to be ignored. (Bug #19683834, Bug
        #20094067)

      * The optimizer could raise an assertion due to incorrectly
        associating an incorrect field with a temporary table.
        (Bug #19612819, Bug #20730129)

      * The server could exit due to an optimizer failure to
        allocate enough memory for resolving outer references.
        (Bug #18782905, Bug #19892803)

      * Starting the server with start service or mysqld_safe
        could result in failure to use the correct plugin
        directory. (Bug #17619241)

      * Creating a FEDERATED table with an AUTO_INCREMENT column
        using a LIKE clause results in a server exit. (Bug
        #12671631)

On behalf of Oracle/MySQL RE Team
Hery Ramilison

MySQLや関連ソリューションに関するお問い合わせ、お見積などがございましたら、ご連絡ください。

お問い合わせ各MySQL保守サービス見積依頼スマートスタイルOSSストア

ページトップへ