MySQLニュース

MySQL 5.7.9 (GA) がリリースされました

オリジナル版:http://lists.mysql.com/announce/1024

2015年10月21日に、MySQL 5.7.9がリリースされました。同製品は、General Availability(GA版)となります。

公式ブログでのアナウンスはこちら:http://mysqlserverteam.com/whats-new-in-mysql-5-7-generally-available/

Changes in MySQL 5.7.9(主な変更点)

Performance Schema Notes(パフォーマンススキーマ関連)

* With the show_compatibility_56 system variable disabled, SHOW VARIABLES and SHOW STATUS statements failed if MySQL was compiled without Performance Schema support. Consequently, it is no longer possible to compile without the Performance Schema. If it is desired to compile without particular types of instrumentation, that can be done with the following CMake options:

  「show_compatibility_56=OFF」になっている時、パフォーマンススキーマが無効となっているMySQL上で SHOW VARIABLES と SHOW STATUS ステートメントが実行できなくなりました。そのため、パフォーマンススキーマなしでコンパイルすることは、実質不可能となっています。もし、この問題を回避したい場合、いくつかのCMakeオプションを使用する必要があります。

Functionality Added or Changed(機能の追加、変更)

* Incompatible Change; InnoDB: To better manage redo log format changes, the redo log header of the first redo log file (ib_logfile0) now includes a format version identifier and a text string that identifies the MySQL version that created the redo log files.

  【非互換の変更:InnoDB】REDOログをより上手く管理するために、一番最初のREDOログ(ib_logfile0)のヘッダーに「フォーマットのバージョン」と「MySQLのバージョン」が含まれるようになりました。

* Important Change; InnoDB: DYNAMIC replaces COMPACT as the implicit default row format for InnoDB tables. A new configuration option, innodb_default_row_format, specifies the default InnoDB row format. Permitted values include DYNAMIC (the default), COMPACT, and REDUNDANT.

  【重要な変更:InnoDB】InnoDBにおける、デフォルトの行フォーマット形式が、「COMPACT」から「DYNAMIC」に変更となりました。それに伴い、「innodb_default_row_format」という新たなサーバ変数が追加されました。設定できる値は、「DYNAMIC」(デフォルト)・「COMPACT」・「REDUNDANT」の3つです。

* Important Change: Introduced the -> JSON column-path operator. column->path is now supported as a synonym of JSON_EXTRACT(column, path), where column is a JSON column, and path is a valid JSON path.

  【重要な変更】新たに「JSON column-path operator」("->") が導入されました。"column->path"という構文が、"JSON_EXTRACT(column, path)" のシノニムとしてサポートされています。 column は JSON column、 path は valid JSON path を意味しています。

Bugs Fixed(バグ修正)

* Important Change; InnoDB; Partitioning: There was no way to upgrade existing partitioned tables to use the native partitioning implemented for InnoDB tables in MySQL 5.7.6. This fix adds support to both mysql_upgrade and the mysql client for upgrading partitioned InnoDB tables created in previous releases, which used the ha_partition handler, to use InnoDB native partitioning instead.

  【重要な変更:InnoDB(パーティショニング)】MySQL5.7.6 では、組み込みのパーティション機能を使用して既存のパーティショニング済みのInnoDBテーブルを更新する方法はありませんでした。これが修正され、 mysql_updateコマンドおよび MySQLクライアント で、ha_partition handlerを利用することで、過去に作成されたパーティショニング済みInnoDBテーブルを更新できるようになりました。

* Important Change; Replication: The START SLAVE and STOP SLAVE statements can no longer be used for the group_replication_recovery channel. See Replication Channels, for more information. (Bug #21680074)

  【重要な変更:InnoDB(レプリケーション)】「START SLAVE」,「STOP SLAVE」ステートメントが group_replication_recovery チャネルにおいて使用できなくなりました。(Bug #21680074)

* Important Change; Replication: In MySQL 5.7, the binlog_max_flush_queue_time system variable introduced in MySQL 5.6 no longer has any effect. This variable is now deprecated, and has been marked for eventual removal in a future MySQL release. (Bug #21347087)

  【重要な変更:InnoDB(レプリケーション)】MySQL5.7では、binlog_max_flush_queue_time system variable変数(MySQL5.6にて導入)が無効になりました。この変数は現在廃止予定で、将来のリリースでは削除されます。(Bug #21347087)

上記以外にも、さまざまな変更やバグ修正が行われています。それらを全て確認する場合は、下記リリースノートを参照して下さい。
http://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/5.7/en/news-5-7-9.html

 

MySQL5.7は、世界的に注目されているオープンソースデータベース「MySQL」の最新の開発バージョンです。MySQL5.6の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。

・パフォーマンスやスケーラビリティの向上(MySQL5.6の3倍の速度に)
・JSON形式のサポート
・マルチソースレプリケーションの実装
・SYSスキーマの導入
・セキュリティの向上
・InnoDBにおけるGIS(位置データ)の対応

MySQL5.7には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
http://mysqlserverteam.com/whats-new-in-mysql-5-7-generally-available/

新たなサーバにMySQL5.7をインストール、または利用中のMySQLからMySQL5.7にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
http://dev.mysql.com/doc/refman/5.7/en/installing.html

下記のダウンロードページから、MySQLのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
http://dev.mysql.com/downloads/mysql/

その他、ご不明な点がございましたら、以下の公式リファレンスマニュアルをご利用いただけます。
http://dev.mysql.com/doc/refman/5.7/en/

以上

MySQLや関連ソリューションに関するお問い合わせ、お見積などがございましたら、ご連絡ください。

お問い合わせ各MySQL保守サービス見積依頼スマートスタイルOSSストア

ページトップへ