MySQLニュース

MySQL Community Server 5.5.42 がリリースされました

オリジナル版:http://lists.mysql.com/announce/970

MySQL Community Server 5.5.42は世界でもっともポピュラーなオープンソースデータベースの5.5のプロダクトリリースの新しいバージョンです。MySQL 5.5.42はプロダクションシステムでの使用をお勧めします。

MySQL 5.5は最新のマルチCPUやマルチコアハードウェアやオペレーティングシステムの利点を生かし、MySQLデータベースのパフォーマンスとスケーラビリ ティを改善するための影響の大きい変更をいくつか含んでいます。現在ではInnoDBがMySQLデータベースのデフォルトのストレージエンジンであり、 ACIDトランザクション、参照整合性、クラッシュリカバリをデフォルトで提供しています。

MySQL 5.5は以下の多くの新しい強化も含んでいます:

   - Windowsにおける特有の機能と改善を利用した著しいパフォーマンス向上
   - 新しい準同期レプリケーションとレプリケーションハートビートによるより高いレベルの可用性
   - 改善されたインデックスとテーブルパーティショニング、SIGNAL/RESIGNALサポート、そして新しいPERFORMANCE_SCHEMAに含まれる強化された診断法による改善されたユーザビリティ

MySQL 5.5の新機能のより完全な概観については、以下のリソースを参照下さい。

MySQL 5.5 GA、Tomas Ulinのインタビュー:

http://dev.mysql.com/tech-resources/interviews/thomas-ulin-mysql-55.html

ドキュメント:

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/mysql-nutshell.html

ホワイトペーパー: MySQL 5.5の新機能

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/mysql-nutshell.html

製 品レベルのシステムでMySQLを稼動させているならば、MySQL製品、バックアップ、モニタリング、モデリング、開発、管理ツールの包括的なセット を含むMySQLパフォーマンス、セキュリティ、アップタイムの高いレベルを実現するMySQL Enterprise Editionの製品詳細に注目してください。

http://mysql.com/products/enterprise/

新しいサーバへMySQL 5.5.42をインストールする情報として、以下のMySQLのインストールドキュメントを参照してください。

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/installing.html

前回のMySQLリリースからアップグレードするには、以下のアップグレードについての注意事項を参照してください。

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/upgrading-from-previous-series.html

MySQL 5.5.42は、http://dev.mysql.com/downloads/とミラーサイトのダウンロード・ページから、ソースコード及び多くのプラットフォームのためのバイナリで現在利用可能です。

次の節では、MySQL 5.5の以前のバージョンからのMySQLソースコードの変更を記載しています。これはオンラインでも閲覧できます。
http://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql/5.5/en/news-5-5-42.html

    Changes in MySQL 5.5.42 (2015-02-02)

    Functionality Added or Changed

      * Support for the SSL 2.0 and SSL 3.0 protocols has been
        disabled because they provide weak encryption. (Bug
        #19820550)

      * yaSSL was upgraded to version 2.3.7. (Bug #19695101, Bug
        #20201864)

      * The valid date range of the SSL certificates in
        mysql-test/std_data has been extended to the year 2029.
        (Bug #18366947)

    Bugs Fixed

      * InnoDB: A multiple-table delete operation caused the
        server to halt. (Bug #19815702)

      * Replication: If a DROP DATABASE statement failed on the
        master, mismatched tables could be left on the slave,
        breaking replication. This was caused by the DROP TABLE
        statement being binary logged if at least one table was
        deleted during the DROP DATABASE operation. The fix
        ensures that in such a situation the DROP TABLE statement
        is binary logged with the IF EXISTS option. (Bug #74890,
        Bug #20041860)

      * Unlocking a temporary table after locking and truncating
        it could cause a server exit. (Bug #19786309)

      * The Enterprise Encryption plugin could mishandle string
        arguments. (Bug #19688008)

      * FLUSH TABLES on a FEDERATED table failed if the table had
        been idle longer than the wait_timeout time plus the TCP
        keepalive time. (Bug #17599258)

      * Selecting all columns from INFORMATION_SCHEMA.TABLES did
        not reopen tables if they were in the table cache, but
        selecting a subset of those columns under the same
        conditions did reopen tables. (Bug #16869534)

      * MySQL failed to compile with GCC 4.9.1 in debug mode.
        (Bug #74710, Bug #19974500)

      * A file created for an internal temporary table could
        cause problems if the file was orphaned for some reason
        and the file name was reused for later queries. (Bug
        #32917, Bug #11747548)

On behalf of Oracle/MySQL RE Team
Hery Ramilison

MySQLや関連ソリューションに関するお問い合わせ、お見積などがございましたら、ご連絡ください。

お問い合わせ各MySQL保守サービス見積依頼スマートスタイルOSSストア

ページトップへ