MySQLニュース

MySQL 5.5.20 がリリースされました

オリジナル版:http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/news-5-5-20.html

MySQL 5.5.20は世界でもっともポピュラーなオープンソースデータベースの5.5のプロダクトリリースの新しいバージョンです。MySQL 5.5.20はプロダクションシステムでの使用をお勧めします。

MySQL 5.5は最新のマルチCPUやマルチコアハードウェアやオペレーティングシステムの利点を生かし、MySQLデータベースのパフォーマンスとスケーラビリ ティを改善するための影響の大きい変更をいくつか含んでいます。現在ではInnoDBがMySQLデータベースのデフォルトのストレージエンジンであり、 ACIDトランザクション、参照整合性、クラッシュリカバリをデフォルトで提供しています。

MySQL 5.5は以下の多くの新しい強化も含んでいます:

   - Windowsにおける特有の機能と改善を利用した著しいパフォーマンス向上
   - 新しい準同期レプリケーションとレプリケーションハートビートによるより高いレベルの可用性
   - 改善されたインデックスとテーブルパーティショニング、SIGNAL/RESIGNALサポート、そして新しいPERFORMANCE_SCHEMAに含まれる強化された診断法による改善されたユーザビリティ

MySQL 5.5の新機能のより完全な概観については、以下のリソースを参照下さい。

MySQL 5.5 GA、Tomas Ulinのインタビュー:

http://dev.mysql.com/tech-resources/interviews/thomas-ulin-mysql-55.html

ドキュメント:

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/mysql-nutshell.html

ホワイトペーパー: MySQL 5.5の新機能

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/mysql-nutshell.html

製品レベルのシステムでMySQLを稼動させているならば、MySQL製品、バックアップ、モニタリング、モデリング、開発、管理ツールの包括的なセット を含むMySQLパフォーマンス、セキュリティ、アップタイムの高いレベルを実現するMySQL Enterprise Editionの製品詳細に注目してください。

http://mysql.com/products/enterprise/

新しいサーバへMySQL 5.5.20をインストールする情報として、以下のMySQLのインストールドキュメントを参照してください。

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/installing.html

前回のMySQLリリースからアップグレードするには、以下のアップグレードについての注意事項を参照してください。

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/upgrading-from-previous-series.html

 

MySQL Server 5.5は、http://dev.mysql.com/downloads/とミラーサイトのダウンロード・ページから、ソースコード及び多くのプラットフォームのためのバイナリで現在利用可能です。

すべてのミラーサイトが現在、最新であるとは限らないことに注意してください。
あるミラーサイトでこのバージョンを見つけることができない場合は、再度確認を行うか、あるいは別のダウンロード・サイトを選択してください。

バグレポート、バグ修正、パッチ等の情報をお待ちしております。
http://forge.mysql.com/wiki/Contributing

 

次の節では、MySQL 5.5の以前のバージョンからのMySQLソースコードの変更を記載しています。これはオンラインでも閲覧できます。
http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/news-5-5-17.html

D.1.1. Changes in MySQL 5.5.20 (10 January 2011)

Functionality Added or Changed

* A new server option, --slow-start-timeout, controls the
Windows service control manager's service start timeout. The
value is the maximum number of milliseconds that the service
control manager waits before trying to kill the MySQL service
during startup. The default value is 15000 (15 seconds). If
the MySQL service takes too long to start, you may need to
increase this value. A value of 0 means there is no timeout.
(Bug #45546, Bug #11754011)

Bugs Fixed

* Important Change: Replication: Setting an empty user in a
CHANGE MASTER TO statement caused an invalid internal result
and is no longer permitted. Trying to use MASTER_USER='' or
setting MASTER_PASSWORD while leaving MASTER_USER unset causes
the statement to fail with an error. (Bug #13427949)

* Important Change: Replication: Moving the binary log file,
relay log file, or both files to a new location, then
restarting the server with a new value for --log-bin,
--relay-log, or both, caused the server to abort on start.
This was because the entries in the index file overrode the
new location. In addition, paths were calculated relative to
datadir (rather than to the --log-bin or --relay-log values).
The fix for this problem means that, when the server reads an
entry from the index file, it now checks whether the entry
contains a relative path. If it does, the relative part of the
path is replaced with the absolute path set using the
--log-bin or --relay-log option. An absolute path remains
unchanged; in such a case, the index must be edited manually
to enable the new path or paths to be used. (Bug #11745230,
Bug #12133)

* InnoDB Storage Engine: When doing a live downgrade from MySQL
5.6.4 or later, with innodb_page_size
(http://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/en/innodb-parameters.html
#sysvar_innodb_page_size) set to a value other than 16384, now
the earlier MySQL version reports that the page size is
incompatible with the older version, rather than crashing or
displaying a "corruption" error. (Bug #13116225)

* InnoDB Storage Engine: Issuing INSERT...ON DUPLICATE KEY
statements for InnoDB tables from concurrent threads could
cause a deadlock
(http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/glossary.html#glos_dea
dlock), particularly with the INSERT...ON DUPLICATE KEY UPDATE
form. The fix avoids deadlocks caused by the same row being
accessed by more than one transaction. Deadlocks could still
occur when multiple rows are inserted and updated
simultaneously by different transactions in inconsistent
order; those types of deadlocks require the standard error
handling on the application side, of re-trying the
transaction. (Bug #11759688, Bug #52020)

* An incorrect InnoDB assertion could cause the server to halt.
This issue only affected debug builds. The assertion
referenced the source file btr0pcur.ic and the variable
cursor->pos_state. (Bug #13358468)

* Locale information for FORMAT() function instances was lost in
view definitions. (Bug #63020, Bug #13344643)

* The handle_segfault() signal-handler code in mysqld could
itself crash due to calling unsafe functions. (Bug #54082, Bug
#11761576)

* Enabling myisam_use_mmap could cause the server to crash. (Bug
#48726, Bug #11756764)

* Concurrent access to ARCHIVE tables could cause corruption.
(Bug #42784, Bug #11751793)

MySQLや関連ソリューションに関するお問い合わせ、お見積などがございましたら、ご連絡ください。

お問い合わせ各MySQL保守サービス見積依頼スマートスタイルOSSストア

ページトップへ