MySQLニュース

MySQL 5.5.17 がリリースされました

オリジナル版:http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/news-5-5-17.html

MySQL 5.5.17は世界でもっともポピュラーなオープンソースデータベースの5.5のプロダクトリリースの新しいバージョンです。MySQL 5.5.15はプロダクションシステムでの使用をお勧めします。

MySQL 5.5は最新のマルチCPUやマルチコアハードウェアやオペレーティングシステムの利点を生かし、MySQLデータベースのパフォーマンスとスケーラビリ ティを改善するための影響の大きい変更をいくつか含んでいます。現在ではInnoDBがMySQLデータベースのデフォルトのストレージエンジンであり、 ACIDトランザクション、参照整合性、クラッシュリカバリをデフォルトで提供しています。

MySQL 5.5は以下の多くの新しい強化も含んでいます:

   - Windowsにおける特有の機能と改善を利用した著しいパフォーマンス向上
   - 新しい準同期レプリケーションとレプリケーションハートビートによるより高いレベルの可用性
   - 改善されたインデックスとテーブルパーティショニング、SIGNAL/RESIGNALサポート、そして新しいPERFORMANCE_SCHEMAに含まれる強化された診断法による改善されたユーザビリティ

MySQL 5.5の新機能のより完全な概観については、以下のリソースを参照下さい。

MySQL 5.5 GA、Tomas Ulinのインタビュー:

http://dev.mysql.com/tech-resources/interviews/thomas-ulin-mysql-55.html

ドキュメント:

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/mysql-nutshell.html

ホワイトペーパー: MySQL 5.5の新機能

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/mysql-nutshell.html

製品レベルのシステムでMySQLを稼動させているならば、MySQL製品、バックアップ、モニタリング、モデリング、開発、管理ツールの包括的なセット を含むMySQLパフォーマンス、セキュリティ、アップタイムの高いレベルを実現するMySQL Enterprise Editionの製品詳細に注目してください。

http://mysql.com/products/enterprise/

新しいサーバへMySQL 5.5.17をインストールする情報として、以下のMySQLのインストールドキュメントを参照してください。

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/installing.html

前回のMySQLリリースからアップグレードするには、以下のアップグレードについての注意事項を参照してください。

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/upgrading-from-previous-series.html

 

MySQL Server 5.5は、http://dev.mysql.com/downloads/とミラーサイトのダウンロード・ページから、ソースコード及び多くのプラットフォームのためのバイナリで現在利用可能です。

すべてのミラーサイトが現在、最新であるとは限らないことに注意してください。
あるミラーサイトでこのバージョンを見つけることができない場合は、再度確認を行うか、あるいは別のダウンロード・サイトを選択してください。

バグレポート、バグ修正、パッチ等の情報をお待ちしております。
http://forge.mysql.com/wiki/Contributing

 

次の節では、MySQL 5.5の以前のバージョンからのMySQLソースコードの変更を記載しています。これはオンラインでも閲覧できます。
http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/news-5-5-17.html

   Platform note:

* Starting with MySQL 5.5.17, RPM packages for Enterprise Linux 6
(available from Oracle) are being built and published.
In all conventions (naming, dependencies, build options),
they do not differ from the RPM packages for SuSE and RedHat
distributions, but they are built natively on Enterprise Linux.


D.1.2. Changes in MySQL 5.5.17 (19 October 2011)

Functionality Added or Changed

* Replication: Previously, replication slaves could connect to
the master server only through master accounts that use native
authentication. Now replication slaves can also connect
through master accounts that use nonnative authentication
(except Windows native authentication) if the required
client-side plugin is installed on the slave side in the
directory named by the slave plugin_dir system variable. (Bug
#12897501)

* MEMORY table creation time is now available in the CREATE_TIME
column of the INFORMATION_SCHEMA.TABLES table and the
Create_time column of SHOW TABLE STATUS output. (Bug #51655,
Bug #11759349)

Bugs Fixed

* InnoDB Storage Engine: This fix improves the performance of
instrumentation code for InnoDB buffer pool operations. (Bug
#12950803, Bug #62294)

* InnoDB Storage Engine: Data from BLOB columns could be lost if
the server crashed at a precise moment when other columns were
being updated in an InnoDB table. (Bug #12704861)

* InnoDB Storage Engine: Lookups using secondary indexes could
give incorrect matches under a specific set of conditions. The
conditions involve an index defined on a column prefix, for a
BLOB or other long column stored outside the index page, with
a table using the Barracuda file format. (Bug #12601439)

* InnoDB Storage Engine: This fix corrects cases where the MySQL
server could hang or abort with a long semaphore wait message.
(This is a different issue than when these symptoms occurred
during a CHECK TABLE statement.) (Bug #11766591, Bug #59733)

* Internal conversion of zero to binary and back could yield a
result with incorrect precision. (Bug #12911710)

* Valgrind warnings generated by filesort operations were fixed.
(Bug #12856915)

* mysqld_safe did not properly check for an already running
instance of mysqld. (Bug #11878394)

* The help message for mysql_install_db did not indicate that it
supports the --defaults-file, --defaults-extra-file and
--no-defaults options. (Bug #58898, Bug #11765888)

* An assertion designed to detect zero-length sort keys also was
raised when the entire key set fit in memory. (Bug #58200, Bug
#11765254)

* myisampack could create corrupt FULLTEXT indexes when
compressing tables. (Bug #53646, Bug #11761180)

* A linking problem prevented the FEDERATED storage engine
plugin from loading. (Bug #40942, Bug #11750417)

MySQLや関連ソリューションに関するお問い合わせ、お見積などがございましたら、ご連絡ください。

お問い合わせ各MySQL保守サービス見積依頼スマートスタイルOSSストア

ページトップへ