MySQLニュース

MySQL 5.5.14 がリリースされました

オリジナル版:http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/news-5-5-14.html

MySQL 5.5.14は世界でもっともポピュラーなオープンソースデータベースの5.5のプロダクトリリースの新しいバージョンです。MySQL 5.5.14はプロダクションシステムでの使用をお勧めします。

MySQL 5.5は最新のマルチCPUやマルチコアハードウェアやオペレーティングシステムの利点を生かし、MySQLデータベースのパフォーマンスとスケーラビリ ティを改善するための影響の大きい変更をいくつか含んでいます。現在ではInnoDBがMySQLデータベースのデフォルトのストレージエンジンであり、 ACIDトランザクション、参照整合性、クラッシュリカバリをデフォルトで提供しています。

MySQL 5.5は以下の多くの新しい強化も含んでいます:

   - Windowsにおける特有の機能と改善を利用した著しいパフォーマンス向上
   - 新しい準同期レプリケーションとレプリケーションハートビートによるより高いレベルの可用性
   - 改善されたインデックスとテーブルパーティショニング、SIGNAL/RESIGNALサポート、そして新しいPERFORMANCE_SCHEMAに含まれる強化された診断法による改善されたユーザビリティ

MySQL 5.5の新機能のより完全な概観については、以下のリソースを参照下さい。

MySQL 5.5 GA、Tomas Ulinのインタビュー:

http://dev.mysql.com/tech-resources/interviews/thomas-ulin-mysql-55.html

ドキュメント:

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/mysql-nutshell.html

ホワイトペーパー: MySQL 5.5の新機能

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/mysql-nutshell.html

製品レベルのシステムでMySQLを稼動させているならば、MySQL製品、バックアップ、モニタリング、モデリング、開発、管理ツールの包括的なセット を含むMySQLパフォーマンス、セキュリティ、アップタイムの高いレベルを実現するMySQL Enterprise Editionの製品詳細に注目してください。

http://mysql.com/products/enterprise/

新しいサーバへMySQL 5.5.14をインストールする情報として、以下のMySQLのインストールドキュメントを参照してください。

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/installing.html

前回のMySQLリリースからアップグレードするには、以下のアップグレードについての注意事項を参照してください。

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/upgrading-from-previous-series.html

 

MySQL Server 5.5は、http://dev.mysql.com/downloads/とミラーサイトのダウンロード・ページから、ソースコード及び多くのプラットフォームのためのバイナリで現在利用可能です。

すべてのミラーサイトが現在、最新であるとは限らないことに注意してください。
あるミラーサイトでこのバージョンを見つけることができない場合は、再度確認を行うか、あるいは別のダウンロード・サイトを選択してください。

バグレポート、バグ修正、パッチ等の情報をお待ちしております。
http://forge.mysql.com/wiki/Contributing

 

次の節では、MySQL 5.5の以前のバージョンからのMySQLソースコードの変更を記載しています。これはオンラインでも閲覧できます。
http://dev.mysql.com/doc/refman/5.5/en/news-5-5-13.html

Changes in MySQL 5.5.14 :

Functionality added or changed:

* CMake configuration support on Linux now provides a boolean
ENABLE_GCOV option to control whether to include support for
gcov. (Bug #12549572)

* InnoDB now permits concurrent reads while creating a secondary
index. (Bug #11853126)
See also Bug #11751388, Bug #11784056, Bug #11815600.

* Client programs now display more information for SSL errors to
aid in diagnosis and debugging of connection problems. (Bug
#21287, Bug #11745920)

* In the audit plugin interface, the event_class member was
removed from the mysql_event_general structure and the calling
sequence for the notification function changed. Originally,
the second argument was a pointer to the event structure. The
function now receives this information as two arguments: an
event class number and a pointer to the event. Corresponding
to these changes, MYSQL_AUDIT_INTERFACE_VERSION was increased
to 0x0300.
The plugin_audit.h header file, and the NULL_AUDIT example
plugin in the plugin/audit_null directory have been modified
per these changes. See Section 21.2.4.7, "Writing Audit
Plugins."

Bugs fixed:

* Replication: A mistake in thread cleanup could cause a
replication master to crash. (Bug #12578441)

* Replication: When using row-based replication and attribute
promotion or demotion (see Section 15.4.1.6.2, "Replication of
Columns Having Different Data Types"), memory allocated
internally for conversion of BLOB columns was not freed
afterwards. (Bug #12558519)

* Adding support for Windows authentication to libmysql
introduced a link dependency on the system Secur32 library.
The Microsoft Visual C++ link information was modified to pull
in this library automatically. (Bug #12612143)

* In some cases, memory allocated for
Query_tables_list::sroutines() was not freed properly. (Bug
#12429877)

* After the fix for Bug#11889186, MAKEDATE() arguments with a
year part greater than 9999 raised an assertion. (Bug
#12403504)

* An assertion could be raised due to a missing NULL value check
in Item_func_round::fix_length_and_dec(). (Bug #12392636)

* An assertion could be raised during two-phase commits if the
binary log was used as the transaction coordinator log. (Bug
#12346411)

* A problem introduced in 5.5.11 caused very old (MySQL 4.0)
clients to be unable to connect to the server. (Bug #61222,
Bug #12563279)

* Using CREATE EVENT IF NOT EXISTS for an event that already
existed and was enabled caused multiple instances of the event
to run. (Bug #61005, Bug #12546938)

* An embedded client would abort rather than issue an error
message if it issued a TEE command (\T file_name) and the
directory containing the file did not exist. This occurred
because the wrong error handler was called. (Bug #57491, Bug
#11764633)

* On some platforms, the Incorrect value: xxx for column yyy at
row zzz error produced by LOAD DATA INFILE could have an
incorrect value of zzz. (Bug #46895, Bug #11755168)

* An attempt to install nonexistent files during installation
was corrected. (Bug #43247, Bug #11752142)

* On FreeBSD 64-built builds of the embedded server, exceptions
were not prevented from propagating into the embedded
application. (Bug #38965, Bug #11749418)

MySQLや関連ソリューションに関するお問い合わせ、お見積などがございましたら、ご連絡ください。

お問い合わせ各MySQL保守サービス見積依頼スマートスタイルOSSストア

ページトップへ