MySQLニュース

MySQL Connector/C++ 1.0.5 GA版が利用可能です。

オリジナル版:http://lists.mysql.com/announce/597

MySQL Connector/C++の新バージョンであるMySQL Connector/C++ 1.0.5 GA版が利用可能になりました。MySQL Connector/C++は、MySQLサーバにクライアントアプリケーションを接続するためのC++ APIを提供します。製品版リリースを、http://dev.mysql.com/downloads/connector/cpp/1.0.htmlでダウンロードできます。


C++用のMySQLドライバはJDBC 4.0に由来する使用しやすいAPIを提供します。MySQL Workbenchの開発バージョンは、数ヶ月前からうまく使用できています。OpenOffice.org 3.1の拡張機能であるMySQL Connector/OpenOffice.orgは、C++用のMySQLドライバ周辺のthin ラッパーです。私達は、2つの弊社所有製品で、MySQL Connector/C++を使用しています。


前回のベータ版以来、ドライバを改善し、いくつかの新機能を追加しました。修正されたバグの詳細記述は、ソースディストリビューションにあるドキュメントとCHANGESファイルを参照してください。以下の機能が追加されました。


  - Introduced unbuffered fetch for Statement.
  - Improved the memory management to not leak in exceptional situations.
  - ConnectionMetaData, ResultSetMetaData, ParameterMetaData now allow
    statements like: connection->getMetaData->getSchema().
  - Added SunConnect support to MSI installer.
  - Added "defaultStatementResultType" to Connection::setClientOption().
  - Added Result::getType() to the three result set classes.
  - Added better support for named pipes, on Windows.

 

使用例を含む、より詳細な情報については、以下のドキュメントを参照してください。

  http://dev.mysql.com/doc/en/connector-cpp.html


プロジェクトについては、以下のMySQL Forge wikiページを参照してください。

  http://forge.mysql.com/wiki/Connector_C%2B%2B
  

初めてのドキュメント資料は以下になります。
  http://dev.mysql.com/doc/refman/6.0/en/connector-cpp.html
  

バグレポート、バグ修正、パッチ等の情報をお待ちしておりますので、以下のページをご利用ください。
    http://forge.mysql.com/wiki/Contributing

http://forums.mysql.com/list.php?167によるC/C++でのMySQL Forumへの寄稿、または、http://lists.mysql.com/connector-cplusplusによるMySQL Connector/C++メーリングリストへの参加もできます。


ほとんどのMySQL Connectorのように、Connector/C++ライセンスは、GPL条件に基づいています。本ソフトウェアに適用されるGPLの諸条件に対する特別な例外がありますので、http://www.mysql.com/about/legal/licensing/foss-exception.htmlのFLOSS License Exceptionを参照してください。ライセンスの質問、MySQL製品とサービスの購入については、以下にご連絡ください。
http://www.mysql.com/buy-mysql

MySQLや関連ソリューションに関するお問い合わせ、お見積などがございましたら、ご連絡ください。

お問い合わせ各MySQL保守サービス見積依頼スマートスタイルOSSストア

ページトップへ