MySQLニュース

Axmark氏とBehlendorf氏へのNewsForge誌のインタビュー

フリーソフトウェア財団(FSF)には、ここインドに強力な拠点があり、Richard Stallman氏は何度かこの国の首相に会いました。しかし、普通のすべてIT専門家は、独占的ソフトウェアビジネスがとても優位であり有力で、綱引き状態と見ています。私たちは、インドなどの国に対してオープンソースIT経済の利益を理解するために、2人のオープンソース財界の指導者である、MySQL AB社の共同創立者であるDavid Axmark氏と、 CollabNet 社の設立者でありCTOのBrian Behlendorf氏とお話しました。

NewsForge (NF): オープンソースはインドではどのような意味をもっていますか?

Axmark: 同等の条件で先進国と競争する機会。大きい予算なしで会社と個人的な技能を売り出す機会。大きいソフトウェア業者から独立と、自身の運命を定める機会です。

NF: インド人の開発共同体はよく知られています。そのオープンソースイメージはどうですか?

Axmark: さて、それは貢献者としてちょっと実在しません。インドは現実性よりこの分野での可能性です。

NF: 会社は、なぜオープンソースソフトウェアを使用するのを考えるべきなのでしょうか? どのようなタイプの会社(規模の大小など)が(オープンソースへの)切り替え後、最も利益を得るのでしょうか?

Axmark: 切り替えの最も明白な理由は、もちろん合法的にコストを下げることです。私はこの場合、会社のサイズを考えません。別のポイントとして柔軟性があります。OSSは、ベンダーが提供する独占ソフトウェアのような、製品の低価格オプションにおける制限をする必要は全くないので、はるかにフレキシブルである傾向があります。

NF: 中小企業経営者の移行の過程を容易にするには、インドは何をする必要がありますか?

Axmark: インドは地域法と規則、言語、ロジスティクスなどをサポートした地域市場のソリューションを盛り込むべきでした。

NF: あなたは、より多くのオープンソース地域開発会社が低賃金労働以外の理由でインドに来るのを見ますか?

Behlendorf: もちろんです。"労働"はソフトウェアを書くのが、壁、または製造鋼鉄の梁を建設するためにレンガを積むかのように機械仕事であるような印象を与えます。ソフトウェアのオーサリング、そして、非常に小規模なサポートとソフトウェアのカスタム開発は創造的なイベントです。それを達成するために、あなたは教育されて動機づけられたスタッフを必要とし、また、私たちが持っている開発挑戦と同等の開発規模に取り組むことができるスタッフを必要とします。英語の指示と、書かれたフォームで明確にコミュニケーションする能力もまた重要です。それらの理由で、インドからの技術的なチームはほとんどの他国におけるチームがそうするであろうより多くの基本的な人と人とのふれあいを我が社にもたらします。そして、我々が正しく管理を行うなら、約半日の時差を利用したバグの解決作業、24時間連続の実装作業を可能にします。賃金の違いは間違いなくさらなる魅力ですが、私は、賃金が彼らの働きに従って増加し続けることによりいずれは賃金の違いによる利点は見えなくなると予測します。最終的に、私たちのソフトウェアのためのビジネスチャンスがここにあります。

NF: 共同体の開発モデルのインドの法人のために学ぶ教訓はありますか?

Axmark: もちろん。インターネットにより、異なった開発モデルは利用可能です。今現在、米国とE.UからのOSS会社は、インドのスタッフをアウトソーシングし、代わりに、インドで設立された会社は、米国とE.U.で少しの販売およびマーケティングを確立することができました。

NF: インドがMySQLおよびMySQL AB社の成功から学習することができる何らかの教訓でしょうか?

Axmark: そうですね。主な教訓はあなたが、一生懸命働き、基本的に会社をあなたの空き時間に始めても構わないと思っているなら、特別のビジネス知識あるいは資本がなくとも成功した会社を設立することが可能であるということでです。

NF: Brian(Behlendorfの名)、あなたはしばしばインドに来ます。ここの人々は一般に、オープンソースムーブメントを理解し始めていると思いますか?

Behlendorf: 私は価格が正しいという事実を超えた理由によるオープンソースソフトウェアへの関心によって大いに励まされます。私は教育に基づいてそれに対する熱意を見ます。公表されたオープンソース作業のこの主要部は特にグローバルに分配されたプロジェクトで学生がソフトウェアがどう動作するかを学んで、良いコード化習慣を学ぶ重要な機会を演出します。さらに、私は、オープンソースに基づいたIT産業がインドへもたらすことができる経済的自立および強さへの現実的関心を見ます。私は、コードの柔軟性を売り込む会社ではそれらがまた、変更する権利を持っていると聞きます。私の考えるところでは、我々ができて望む改善は重大な貢献者として、世界規模のオープンソース・プロジェクトへのインド人のプログラマの関与があることです。それが起こるには、オープンソース・ソフトウェアを使用するインドの会社は、自分たちの中で閉じるのではなく、そのような貢献を行うことの価値を実感し正当化する必要があります。

NF: Mitchell Kapor氏は最近のインタビューで、ファイヤーフォックスがマイクロソフト社にインターネットエクスプローラーを改良させたと言いました。オープンソース・ソフトウェアは独占的ソフトウェアベンダーのための基準になっているのでしょうか? これはオープンソースソフトウェアのイメージとしてどのように解釈されますか?

Axmark: OSSは悪い独占ソフトウェアを取り外します。例えば、80年代にgccが登場した後、コンパイラ市場に何が起こったでしょうか。いくつかのコンパイラが競争に対処することができましたが、大部分は撤退しました。顧客にとって、選択肢が少ないときには、選択はより簡単になります。もちろん、多くの場合でOSSはあまりにも多くの選択肢を生み出します。

NF: オープンソースに対する認識と採用はインドで遅れています。欠けている触媒は何でしょうか?

Axmark: 私は、インターネットが有用であると思います、そして、価値は何か見るのです。そして歴史です。通常、オープンソースは成長するには時間がかかります、そして、インドは長い歴史を欠きます。

NF: それを意識している人々のオープンソースソフトウェアの認知はどうでしょうか? 多くが趣味のソフトウェアとしてまだそれを考えています。インドはどのように、「本当にOSSを使用することでお金を稼ぐことができる」境界を通り過ぎるでしょうか?

Axmark: OSSのビジネス視点のことになると、インドが数年遅れている後ろにあるように思えます。西では、IBM、HP、Intel、GoogleおよびYahooのような会社、およびSourcelabsとSpikesourceのようなすべての新しいOSSベースのスタートアップが、OSSをビジネスとして「OKに」しました。人件費が高価である時、それがいつもより安いかどうかという質問があります。その意味で、OSSはインドにおいてさらにコスト効率が良いことが判明しています。うまくいけば、インドは、追いついて、本当の選択としてOSSを扱い始めるでしょう。

MySQLや関連ソリューションに関するお問い合わせ、お見積などがございましたら、ご連絡ください。

お問い合わせ各MySQL保守サービス見積依頼スマートスタイルOSSストア

ページトップへ