MySQLニュース

MariaDB 10.1.33がリリースされました

オリジナル版:https://mariadb.com/kb/en/library/mariadb-10133-release-notes/

2018年5月9日に、MariaDB 10.1.33がリリースされました。同製品は、General Availability版(一般公開版)の最新バージョンとなります。

Notable Changes(主な変更点)

* PCRE updated to 8.42

  PCREが 8.42 にバージョンアップしました。

* The embedded server library now supports SSL when connecting to remote servers.

  組み込まれた server のライブラリが、リモート接続時のSSLをサポートするようになりました。

* ALTER TABLE fixes: MDEV-14693, MDEV-16080, MDEV-15937

  ALTER TABLE の不具合を修正しました。

* encryption fixes: MDEV-15937, MDEV-16092, MDEV-15752, MDEV-15566

  暗号化の不具合を修正しました。

* systemd and shutdown fixes: MDEV-14705

  systemdのシャットダウン時の不具合を修正しました。

* As per the MariaDB Deprecation Policy, this will be the last release of MariaDB 10.1 for Debian 7 Wheezy

  本リリースは、Debian 7 Wheezy向けのMariaDB 10.1における最後のリリースとなります。


MariaDB 10.1.33 の変更点を全て確認したい場合は、以下の Changelog を参照して下さい。 https://mariadb.com/kb/en/library/mariadb-10133-release-notes/

MariaDB10.1は、世界的に注目されているオープンソースデータベース「MariaDB」の開発バージョンです。MariaDB10.0の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。また、MySQL5.6およびMySQL5.7の機能も備えています。

MariaDB10.1には、以下のような特徴があります。

・安全なマルチマスタ構成を実現するクラスタソフト「Galera Cluster」が手軽に利用可能
・テーブル、またはテーブルスペースの暗号化機能
・InnoDBのページ圧縮機能
・GISデータ(地理データ)に対応
・新しいクエリ文法の実装、既存クエリの性能改善
・新たなサーバパラメータ変数、ステータス変数の追加

MariaDB10.1には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://mariadb.com/kb/en/mariadb/what-is-mariadb-101/

新たなサーバにMariaDB10.1をインストール、または利用中のMariaDBからMariaDB10.1にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://mariadb.com/kb/en/mariadb/getting-installing-and-upgrading-mariadb/

下記のダウンロードページから、MariaDBのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://downloads.mariadb.org

MySQLから、MariaDBに移行する方法については、以下を参照してください。
https://mariadb.com/kb/en/mariadb/moving-to-mariadb/

以上

ページトップへ